【中国の視点】年内の米追加利上げ、不確実性が高い – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 【中国の視点】年内の米追加利上げ、不確実性が高い

【中国の視点】年内の米追加利上げ、不確実性が高い

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(9月19-20日開催分)はこのほど、公表された。年内の追加利上げの必要性について、意見が分かれている。低いインフレ率が一時的なものだとの見方が出ている一方、長引く可能性が高いとの観測も広がっている。

中国の専門家は、原油など商品市場では、供給が需要を上回っていると指摘。これは資源価格の上昇ペースを抑えていると強調した。また、最近の中国における非鉄金属や石炭価格の上昇について、投機的な取引で価格を押し上げているだけで、需要の増加ではないと指摘。そのため、米国内でのインフレ加速がやや困難だとの見方を示した。

また、米国をはじめとする先進国におけるマネーサプライの拡大にもかかわらず、商業信用の収縮が世界範囲で発生しており、これもインフレ率加速の足かせになっていると強調された。こうした状況の中で、FRBが年内の追加利上げについて、慎重に対応する可能性が高いと指摘された。

専門家は、年内の追加利上げについて、米ドル安と人民元高の進行幅などによって影響されるとの見方を示した。中国から輸入する商品の価格が上昇すれば、FRBが目指しているインフレ目標2%の実現可能性が高くなるためだ。また、米FRBによるバランスシートの縮小がもたらす効果なども参考項目になるとみられている。


<AN>

2017/10/13 10:22:58

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.