政治から読み解く【経済と日本株】民進・小西氏:共謀罪は絶対に乱用される – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 政治から読み解く【経済と日本株】民進・小西氏:共謀罪は絶対に乱用される

政治から読み解く【経済と日本株】民進・小西氏:共謀罪は絶対に乱用される

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

民進・小西氏は「共謀罪は絶対に乱用される。「相手から武力攻撃を受けた時に初めて防衛力を行使する」という専守防衛の定義を、「イランからアメリカが武力攻撃を受けた時に初めて日本が防衛力を行使する」と読めると安倍内閣は答弁し、「専守防衛は変わらない」と主張している。自由と常識が生きるか死ぬかの闘いだ。」とツイート(5/19)


報道によると、「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法の改正で自民、公明両党は19日午後の衆院法務委員会で、日本維新の会と共同で提出した修正案の採決を行った。法案は3党の賛成多数で可決し、与党は23日の衆院本会議で採決し、参院に送ることになる。一般市民が知らない間に「共同謀議」に関与していると見なされる疑念は払拭されていない。
共謀罪は政府に批判的な意見を封じ込める狙いがあると思われるが、自民党を主体とする独裁政権体制が構築されるきっかけとなるとの見方もある。日本経済にも大きな影響を与える法案になるとみられる。



<MK>

2017/05/19 22:26:25

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.