12月15日のNY為替概況 – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 12月15日のNY為替概況

12月15日のNY為替概況

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、120円94銭から121円79銭まで上昇した。米国の11月消費者物価指数が前年比で上昇、12月NY連銀製造業景気指数も11月から予想以上の改善を示したことが利上げを後押しする結果になったためドル買いが優勢となった。さらに、原油価格の上昇や株高を受けてドル買いが強まった。

ユーロ・ドルは、1.1000ドルから1.0906ドルまで下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)による利上げを織り込むドル買いが優勢となった。ユーロ・円は、133円14銭から132円74銭へ下落。

ポンド・ドルは、1.5184ドルから1.5034ドルまで下落した。

ドル・スイスは、0.9847フランから0.9925フランへ上昇した。

[経済指標]・米・11月消費者物価指数:前年比+0.5%(予想:+0.4%、10月:+0.2%)・米・11月消費者物価コア指数:前年比+2.0%(予想:+2.0%、10月:+1.9%)・米・11月消費者物価指数:前月比0.0%(予想:0.0%、10月:+0.2%)・米・11月消費者物価コア指数:前月比+0.2%(予想:+0.2%、9月:+0.2%)・米・12月NY連銀製造業景気指数:-4.59(予想:-7.00、11月:-10.74)・米・12月NAHB(全米住宅建設業者協会)住宅市場指数:61(予想:63、11月:62)



<KY>

2015/12/16 05:13:27

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.