米国株見通し:根強い北朝鮮懸念などから利益確定売り優勢か – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 米国株見通し:根強い北朝鮮懸念などから利益確定売り優勢か

米国株見通し:根強い北朝鮮懸念などから利益確定売り優勢か

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

S&P500先物 2490.25(-4.00) (20:40現在)
ナスダック100先物 5990.75(-13.75) (20:40現在)

20:40時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。また、NYダウは前日比20ドル安程度で推移。欧州市場は、小幅であるが高安まちまちの展開。原油先物相場は小幅に上昇して推移しており、これらの流れを受けて、米株式市場はやや利食い優勢の展開から始まろう。

12日の米株式市場は上昇。地政学リスクが和らぎ、投資家心理の改善によって終日堅調な展開となった。米長期金利の上昇を受けて金融株が買われたことも、買い安心感につながっていた。

国連安保が11日に北朝鮮への制裁強化決議を採択したことを受け、北朝鮮は12日、米国に対して「これまで経験したことのない最大の痛み」を与えると警告した。建国記念日でのミサイル発射がなかったことでいったんは地政学リスクが和らいでいたが、払拭された訳ではなく、利益確定に向かわせそうである。また、ハリケーン被害についても、想定より軽微だったことが安心感につながっているが、前回のハービーの被害影響が長期化するとの見方もあり、次第に上値の重しになりそうだ。その他、注目された米アップルの新製品発表イベントだが、アップル株に対しては材料出尽くしといった流れに向かわせており、これもハイテク株への利食いに向かわせやすいだろう。



<KK>

2017/09/13 20:45:03

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.