東京為替:ドル・円は上げ渋り、日本株安で円売り後退 – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 東京為替:ドル・円は上げ渋り、日本株安で円売り後退

東京為替:ドル・円は上げ渋り、日本株安で円売り後退

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

14日午前の東京市場でドル・円は上げ渋り。日経平均株価の軟調地合いで円売りが後退し、ドルは朝方付けた安値圏に値を下げた。ドル・円は、国内勢による買いが先行し、朝方は一時106円70銭まで上昇した。ただ、日経平均が前日比200円超安の軟調地合いとなり、リスク選好的な円売りは後退。ドルは株安を受け下げに転じている。

ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いで、目先の日本株安継続が警戒される。それを受けやや円買いに振れており、ドルは下げやすいもよう。一方、ユーロ・ドルの堅調地合いの影響でドルが下押しされる可能性もあろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円40銭から106円70銭、ユーロ・円は131円87銭から132円25銭、ユーロ・ドルは1.2389ドルから1.2412ドルで推移した。

【要人発言】
・日銀金融政策決定会合・議事要旨(1月開催分)
「企業の賃金・価格設定スタンスがなお慎重なものにとどまっている点は注意深く点検の必要」
「2%の物価安定目標に向けたモメンタムは維持されている」(以上、大方の委員)
「米欧で金融正常化に向かうなか、日銀の政策運営に従来より敏感」(多くの委員)

【経済指標】
・NZ・10-12月期経常収支:-27.70億NZドル(予想:-24.50億NZドル、7-9月期:-46.79億NZドル)
・日・1月機械受注(船舶・電力除く民需):+8.2%(前月比予想:+5.2%、12月:-9.3%←-11.9%)
・中・2月鉱工業生産指数:前年比+7.2%(予想:+6.2%、1月:+6.6%)
・中・2月小売売上高:前年比+9.7%(予想:+9.8%、1月:+10.2%)



<MK>

2018/03/14 12:13:29

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.