米国株見通し:小売売上高や銀行などの決算の発表に注目 – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 米国株見通し:小売売上高や銀行などの決算の発表に注目

米国株見通し:小売売上高や銀行などの決算の発表に注目

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

S&P500先物       2666.50(+9.25)  (19:00現在)
ナスダック100先物  6667.00(+26.25) (19:00現在)

19時時点のグローベックス米株式先物市場でS&P500先物とナスダック100先物はともに堅調な推移となっている。また、NYダウ先物は150ドル高程度で推移。欧州市場は総じて小高く推移している。原油相場はやや軟調な推移となっている。こうした流れを受け、16日の米株式市場は買い先行で始まるとみられる。

シリアへの軍事攻撃を一度限りとする米英政府高官の発言が伝わるなか、一先ずアク抜けを意識した流れに向かわせよう。また、本日は3月の小売売上高の発表が予定されているが、コンセンサスは前月比+0.4%と予想されている。1月と2月はいずれも-0.1%となったが、個人消費の回復によって持続的な経済成長実現への期待が高まりそうだ。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)の参加メンバーの間では利上げペースの段階的な加速を予想する向きが大勢を占めるなか、長期金利は上昇傾向に向かいやすい。本日は米銀大手バンク・オブ・アメリカの1-3月期決算が発表される。減税効果の支援もあって堅調な業績が確認される可能性は高い。先週の金融株は好決算ながらも売られる格好だったが、改めて評価する展開に期待したいところである、その他、映像配信サービスのネットフリックスも決算発表を予定しており、ハイテク株への波及効果が期待される。



<KK>

2018/04/16 19:24:18

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.