今日の為替市場ポイント:日経平均株価や米長期金利の動向を注視する展開 – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 今日の為替市場ポイント:日経平均株価や米長期金利の動向を注視する展開

今日の為替市場ポイント:日経平均株価や米長期金利の動向を注視する展開

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

16日のドル・円相場は、東京市場では110円38銭から110円08銭まで下落。欧米市場でドルは110円04銭まで売られた後に110円41銭まで反発し、110円39銭で取引を終えた。

本日17日のドル・円は、主に110円台前半で推移か。米長期金利の上昇を背景にドル買い・円売り地合いが継続している。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、110円台前半から半ばでのレンジ内取引が予想される。

米長期金利の上昇を背景にドル買い・円売りが優勢となっている。ただ、6月12日に予定されている米朝首脳会談が実現するかどうか、先行き不透明が強まっていることから、ドルの上値を抑えているもよう。北朝鮮が16日に米朝首脳会談の再考を警告したことを受けて、トランプ米大統領は北朝鮮の出方を注視するとの考えを示した。

17、18両日に行われる米中貿易摩擦解消に向けた2回目の公式協議の内容を見極めたいとの思惑も広がり、積極的な商いが手控えられているもよう。本日の東京市場は日経平均株価の動きを眺め、主に110円台前半から半ばの狭いレンジ内での取引が予想される。




<CS>

2018/05/17 08:41:17

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.