マルコ---3Qは売上高が13.5%増、既存顧客のアクティブ数及び新規顧客数ともに増加 – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > マルコ---3Qは売上高が13.5%増、既存顧客のアクティブ数及び新規顧客数ともに増加

マルコ---3Qは売上高が13.5%増、既存顧客のアクティブ数及び新規顧客数ともに増加

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

マルコ<9980>は13日、2018年3月期第3四半期(2017年4月-2017年12月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比13.5%増の105.28億円、営業利益は3.93億円(前年同期は6.17億円の損失)、経常利益は3.41億円(同5.71億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益は5.05億円(同3.61億円の損失)となった。

婦人下着及びその関連事業は、体型補整下着の主力シリーズ「カリーユ」の後継となる『カーヴィシャス』予約販売を開始し、順調な立ち上がりとなった。さらに、コスメやサプリメントなど、新たなシリーズ商品の開発、提供に取り組んだ結果、いずれも好調な滑り出しとなった。
一方、集客力の強化は、新規の顧客獲得を目指したメディアマーケティング戦略においては、テレビコマーシャルの提供を一部地域から試験的にスタートさせ、先行して取り組んでいるインフォマーシャル(商品の特性を詳しくご紹介する番組形式のテレビコマーシャル)やWeb広告などとの連携による集客実績が伸びるなど、新たな集客モデルとしての構築を着実に進めつつある。

その他事業は、RIZAPグループより同社の55万人超の顧客基盤、全国の直営店舗と営業社員による営業網を活用した同社グループ企業への集客支援業務を受託した。

2018年3月通期の連結業績予想については、売上高は前期比11.9%増の150.00億円、営業利益は同785.9%増の12.00億円、経常利益は同917.5%増の13.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同310.2%増の11.00億円とする期初計画を据え置いている。


<MW>

2018/02/13 21:10:09

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.