14日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と7日ぶり反落、インフラ関連さえない – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 14日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と7日ぶり反落、インフラ関連さえない

14日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と7日ぶり反落、インフラ関連さえない

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

14日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比18.29ポイント(0.53%)安の3429.55ポイントと7日ぶりに反落している。上海A株指数も下落し、19.17ポイント(0.53%)安の3591.69ポイントで取引を終えている。

中国指標の内容が嫌気される展開。取引時間中に公表された今年10月の各種経済統計では、小売売上高や鉱工業生産額などが予想を下回った。13日引け後に発表された同月の金融統計では、新規融資額が下振れている。中国景気の先行きが不安視される状況だ。上海総合指数は昨日までの続伸で約1年11カ月ぶりの高値水準に達していただけに、利食い売りも広がっている。

ゼネコンや建機、発電設備などインフラ関連株が安い。中国鉄建(601186/SH)が1.2%、三一重工(600031/SH)が1.4%、上海電気集団(601727/SH)が1.7%ずつ値を下げた。今年1~10月の都市部・固定資産投資は前年同期比で7.3%増加し、伸び率は約18年ぶりの低い水準となっている。自動車株や消費関連株、銀行株、発電やガスの公益株なども売られた。

半面、石炭株は高い。中国神華能源(601088/SH)が5.5%上昇した。当局が供給側と需要側の直接取引を奨励したことがプラス。取引コストの抑制につながると歓迎された。空運株も急伸。中国南方航空(600029/SH)が4.2%高と値を上げた。

外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数が1.29ポイント(0.36%)安の352.80ポイント、深センB株指数が16.03ポイント(1.29%)安の1226.90ポイントで終了した。

【亜州IR】




<CS>

2017/11/14 16:56:15

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.