22日の中国本土市場概況:上海総合0.02%高で小幅続伸、通信・天然ガス銘柄に買い – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 22日の中国本土市場概況:上海総合0.02%高で小幅続伸、通信・天然ガス銘柄に買い

22日の中国本土市場概況:上海総合0.02%高で小幅続伸、通信・天然ガス銘柄に買い

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

22日の中国本土市場は3日続伸した。主要指標の上海総合指数は、前日比0.51ポイント(0.02%)高の3214.35ポイントに上昇している。上海A株指数も小幅ながら上昇し、0.54ポイント(0.02%)高の3366.61ポイントで取引を終えた。両取引所の合計取引額はやや減少。22日の売買代金は、21日の4612億2000万人民元から4381億9800万人民元(上海証券取引所1857億2200万人民元、深セン証券取引所2524億7600万人民元)に減少した。

上昇したセクターは養殖、通信、天然ガス、医療機器、DNA解析、医薬など。上海愛嬰室商務服務(603214/SH) 、広東道氏技術(300409/SZ)、寧波戴維医療器械(300314/SZ)、益生(002458/SZ)、新疆浩源(002700/SZ)、新疆天潤乳業 (600419/SH) 、杭州福斯特応用材料 (603806SH) 、甘粛莫高実業発展(600543/SH)などが値上がり率上位に並んだ。半面、不動産、海南省関連、石炭、鉄鋼、海運、自由貿易港関連、銀行、証券、保険などの銘柄は下落している。

外貨建てB株の相場は小反落。上海B株指数が0.14イント(0.04%)安の321.25ポイント、深センB株指数が2.87ポイント(0.26%)安の1107.34ポイントで終了した。


【亜州IR】



<FA>

2018/05/22 17:21:23

人気ワード

ピックアップ商品

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.