21日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と小反落、不動産セクターさえない – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 21日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と小反落、不動産セクターさえない

21日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と小反落、不動産セクターさえない

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

21日の香港市場は小幅に値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比14.96ポイント(0.06%)安の24042.02ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が6.15ポイント(0.06%)安の10050.02ポイントとそろって反落した。売買代金は611億2600万香港ドルに縮小している(20日は677億3000万香港ドル)。

中国金融当局の規制強化スタンスが懸念された。銀行や保険、証券の各監督機関はこのところ、影の銀行(シャドーバンキング)が抱えるリスクを抑制するスタンス。「理財商品」(高利回りの投資商品)の規模拡大を防ぐための施策を矢継ぎ早に打ち出した。住宅価格の上昇に歯止めがかからないなか、不動産規制の広がりも不安視されている。

ハンセン指数の構成銘柄では、不動産株の下げが目立つ。本土系の華潤置地(1109/HK)と中国海外発展(688/HK)がそれぞれ2.5%安、0.7%安、香港系の信和置業(サイノランド:83/HK)が1.7%安で引けている。本土系の保険株も値下がりした。

中国自動車セクターの一角もさえない。東風汽車集団(489/HK)が1.7%安、吉利汽車(175/HK)が0.7%安とそろって反落している。前日の相場では、19日に開幕した「上海モーターショー」を材料に買いが目立っていた。

半面、他の個別株動向では、半導体パッケージング・テスティング機器最大手のASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が5.4%高と急伸。今年1~3月期の450%増益が材料視された。石炭大手のエン州煤業(1171/HK)も0.7%高としっかり。1~3月期の石炭販売量が25.3%拡大し、前年通期の16.4%減からプラス成長を回復したことがポジティブ材料だ。

アップル向けに部品供給する銘柄群も上げが目立つ。小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が3.6%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が0.8%高と続伸した。そろって上場来高値を連日で更新している。米アップルが今秋投入する「iPhone(アイフォーン)」の新機種について、機能やディテールが全面刷新されるとの観測が引き続き刺激材料となった。

本土市場は小幅続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.03%高の3173.15ポイントで取引を終えた。銀行株や保険株がしっかり。セメント株も買われた。半面、消費関連株やゼネコン株、軍需関連株などは値下がりしている。

【亜州IR】



<SK>

2017/04/21 18:23:07

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.