18日の中国本土市場概況:上海総合1.2%高で3日ぶり反発、石油・石炭セクターに買い – フィスコ in とれまが

テクニカルやファンダメンタルズなど情報満載!

フィスコ - 株式や金融市場に関する情報提供でおなじみのフィスコがとれまがにとれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。

とれまが > ファイナンス > フィスコ > 18日の中国本土市場概況:上海総合1.2%高で3日ぶり反発、石油・石炭セクターに買い

18日の中国本土市場概況:上海総合1.2%高で3日ぶり反発、石油・石炭セクターに買い

出所:http://www.fisco.co.jp/media.html

18日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比39.02ポイント(1.24%)高の3193.30ポイントと3日ぶりに反発した。約5週ぶりの高値水準を回復している。上海A株指数も上昇し、40.94ポイント(1.24%)高の3344.54ポイントで取引を終えた。

原油高が追い風。WTI原油先物が約3年半年ぶりの高値圏で推移するなか、関連銘柄に買いが入り全体相場を押し上げている。米中通商協議の期待感も強まる状況。米メディアは関係者の話として、「中国はトランプ米大統領に、米国製品の輸入拡大などにより年間貿易黒字を2000億米ドル削減すると提案した」と報じた。前回の協議で米側は、「対中貿易赤字の2000億米ドル圧縮」を要求している。貿易戦争回避に向け17日に始まった同協議は、18日(米時間)まで開かれる予定だ。指数は中盤から上げ幅を広げている。

石油・石炭株が相場をけん引。中国石油天然気(601857/SH)が7.3%高、中国神華能源(601088/SH)が4.9%高で引けた。金融株や不動産株、自動車株、海運株、インフラ関連株、消費関連株、バイオ医薬関連株なども買われている。

外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が1.42ポイント(0.45%)高の319.91ポイント、深センB株指数が2.71ポイント(0.25%)高の1106.97ポイントで終了した。


【亜州IR】




<FA>

2018/05/18 16:49:29

人気ワード

ピックアップ商品

一覧

ライフタイムコミッション

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.